×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

毛穴黒ずみ対策洗顔方法

毛穴黒ずみ対策 > 毛穴黒ずみ対策洗顔方法


洗顔方法

洗顔は、毛穴の黒ずみ対策には欠かせない方法です。

洗顔がちゃんとできている方は毛穴の黒ずみには悩まないのが現実です。

ちゃんとした洗顔方法を知って黒ずみ対策をしましょう。

(1) 手をよく洗う。

これは、あたりまえの事ですよね。

手が汚ければ、洗顔料の泡立ちも悪くなりますので気をつけましょう。

(2) 毛穴を開く為にぬるま湯で顔を洗う。

いきなり洗顔料で洗顔するのではなくぬるま湯で洗顔して毛穴を開いてから洗います。

ぬるま湯の温度は、肌の状態で温度が変わります。

簡単な目安はこちら

脂性肌 普通肌 乾燥肌
32〜36℃位 30〜34℃位 26〜28℃位

入浴中に熱いお湯で洗顔すると乾燥肌になり、皮脂の分泌量が増えるので黒ずみの原因にならないように、ぬるま湯で洗顔するように心がけましょう。

(3) 洗顔料を泡立てましょう。

洗顔は、泡で顔を洗います。

ですから、泡だっていない状態で洗顔をしても毛穴の洗顔までいきません。

必ず泡立ててください。

最近では、泡立てネットなどが販売されていますが、もし現在無ければ、100円均一で売っている排水溝ゴミが溜まらない様にするネットってありますよね。

それを使っても結構泡立ちがよくなりますよ^^

ただ、泡の気泡が大きいので2重などにして細かい泡を作ってください。

目安は、軽く角が立つくらいがGOODです。

(4) いよいよ洗顔です。

洗顔料の泡を、顎骨から上に軽くおいて行きます。

全体に泡をおいた後、手の腹の部分で泡をクッションにして全体を細かく洗っていきます。

ここで重要なのは、せっかく泡立てた泡の上からゴシゴシ洗わない事です。

それと、洗顔時間は大体1分以内に済ませてください。

余分な皮脂まで洗い落として乾燥肌や肌荒れの恐れがありますので気をつけましょう。

(5) すすぎ

すすぎはかなり重要です。

基本的には、お湯を貯めた手で顎骨から顔の中心に顔をすすいで行きます。

すすぎの際は、頬のたるみも予防を兼ねてできるだけ下から上へとすすぎおとしてください。

これで洗顔は終了です。

洗顔後は、化粧水などをつけてお肌の手入れを忘れずに行なってください。